2009年 04月 12日
人形町ランチ特集!
この写真、以前のブログにアップしようと思いそのままになっていたもの。
URLが異なりますがお許しくださいっ。

e0153574_1232167.jpg
e0153574_12321838.jpg
釜焼きの熱々ピザが、ランチだと900円で食べられるうれしいお店「DA BABBO」です。
他にもパニーニやパスタがありますが、ここに座るとどうしても「マルゲリータ!」と発していました。
お水好きにはありがたいボトル入り。これにサラダかスープか野菜の小鉢がついて900円です。
当然ランチ時はいつも混雑していました。



e0153574_12345773.jpg
e0153574_1235999.jpg
江戸前の天丼が食べたくなったら、ここ「中山」。
写真だとかなりのコテコテに見えますが、甘さもちょうど良くて◎!
アナゴ重だと山葵と一緒にいただきます。
これで天丼が1050円。あなごが1350円です。


e0153574_12324386.jpg
どんどん行きますね。
ここは「久助」。
仕事帰りに甘酒横丁を通るとここから必ず香ばしいかおりが漂ってきて
「焼き鳥ぃーーーっ」の衝動を抑えて通るのが大変でした(笑)
ランチ時は焼き鳥重840円があります。
ご飯が大中小とありますがお値段変わらず。(男性陣には好評でした)
お持ち帰りだともう少しお安かったとおもいます。
このお重に七味をかけていただくと、、、みんな「うまっ」を連発!
炭火の香ばしさがたまらない一品です。


e0153574_12331631.jpg
芳味亭のグラタン。ひたすら優しくマイルドなお味は、懐かしさを感じます。
本当はビーフシチューが有名なんですが、OLランチには手が出ず。。。
ここも戦前からの建物で風情があります。
ゆっくり洋食を食べたい時に、この界隈では一番お勧めなお店かも。

e0153574_12333129.jpg
人形町交差点にある喫茶店ワコー。昔ながらの喫茶店で、ホットケーキやナポリタンも美味しかったです。
なにより安い!夜でも同じお値段なので、仕事帰りに小腹が減ったとき、ちょっと一息つきたい時、よく利用していました。
お店の方の感じも良くて、落ち着けるお店です。

e0153574_1234038.jpg
e0153574_12341645.jpg
人形町といってはずしてはならない名店「魚久」。
ここにはランチタイムのみイートインコーナーがあります。
銀だらがお勧めですが、1260円と予算オーバーしていまうので、2回しか食べたことがありません。
季節の小鉢がついて840円からいただけます。
魚久本店とは異なり、今風のモダンで清潔感のある店内。
カウンターが長いので一人ランチでも気軽にいけました。


e0153574_12343256.jpg
坦々麺は、以前「龍鳳」をご紹介しましたが、ここ「菜心」も美味しいのです。
キャベツともやしがたっぷり入っているのがウレシイ!
野菜の甘みがあるので、自家製のラー油をたっぷりかけていただきます!
元気の出るありがたい一品でした。


e0153574_12363622.jpg
魚好きなので、一番よく通ったお店はここかもしれません。
水天宮交差点近くの「蛍」。
ここのニシンの干物がもう油がのっていて、めちゃ旨なのです☆
このサイズですが、ほっけじゃありませんから~
実は私、、、好物は?と聞かれると、迷わず「納豆と干物」と答えます(笑)
お味噌汁も具沢山で、「我が家の味噌汁!?」という感じ。
温かいご家族がもてなしてくれる、隠れた名店です。

e0153574_139566.jpg
ここもよく通いました。
甘酒横丁の「山葵」。
これで950円!コストパフォーマンスもさることながら、
お刺身がいつも美味しかったのです。



e0153574_1235322.jpg
最後に以前紹介したうなぎの梅田のいくら添え写真。
せっかく撮ったので備忘録として。
うなぎの白焼き山葵添え&いくらのマリアージュ。是非お試しいただきたい一品です。



はぁーーーー、一気に書いてしまった。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

人形町方面に行くことがあったら、
「あのお店なんだったっけ、、、」とならないための備忘録でした。

最近多いんですよ、名前が思い出せないこと( ̄□ ̄;)!!

旧ブログのランチ記事と前回の「よし梅」とを合わせて人形町ランチの想い出としておきます。
古いお店が多いので変わらないことを祈って(^人^)



人形町よ、楽しいひと時をありがとう(T_T)/~~~



※ここにある記事は2008年のものであることごお断りしておきます。
 行かれる際は、事前にお調べくださいね。
[PR]

by ivy-2 | 2009-04-12 12:48 | お江戸ごはん


<< 横須賀美術館      忘れないうちに >>